ブラッシングだけの歯磨きだと7割弱しか落とせないのに

ブラッシングが確実に出来ると歯の再石灰化が行われ、虫歯にならなくなるので、正しく理解するために今のうちにきちんと学習しましょう。

フッ素を配合した歯磨き剤を我が息子に使うのは危険でしょ?と心配をする父親がいるそうです。

その理由は、フッ素を大量に取り込むと、斑状歯や骨硬化症と言った病変が出るかもしれないので、とのことです。

フッ素は、基準値を大きく超過する異常なフッ化物を含有している飲料を飲んだことで、体に悪い影響がある危険性があるのは、世界での共通認識です。

ですから、換言するなら、歯磨きから取り入れるくらいの量だとしたら、過剰に気を揉む必要性はないというのが定説ですので考えすぎないでください。

逆に、フッ素を使っているのが理由で、ついつい厳しくしないでしまい、食事に甘みのあるものをたくさん食べさせてしまう方が問題があります。

歯周病とは、歯垢のストレプトコッカス・ミュータンス菌が原因で歯茎に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯がなくなることもあります。

口腔内には200種類~400種類の細菌がいますが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。

歯周病の原因は歯磨きの不足以外にもたくさんあり、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用など多くの種類があります。

歯周病は医学の進歩でその進行を阻止することもできるようになってきましたが、やはり完治させることはできないので、大前提として予防するつもりでいることが必要です。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きが一番のポイントになりますので、歯医者でブラッシングを教えてもらい、できるだけ未然に予防するよう頑張りましょう。

歯みがきの方法論に確信はありますか?歯磨きは、これから言う3つの点に注意する必要があるみたいです。

最初に、歯ブラシの毛の先端を歯と歯茎の境目や、歯と歯のスキマに正確に当て、しっかりとブラッシングをして歯垢を除去することが肝心です。

2つ目に、歯ブラシを持つ手に力が入りすぎてはマイナスなので120g~220gほどの軽い力で歯ブラシの先端が広がらない程度にすると良いです。

3つ目は歯ブラシを微細に動かして、歯を1本ずつ正しく磨いていくことです。

歯を磨く必要性はいくつかあるのですが、一番の理由は食べかすを口内から除去することで、これがうまくいかないと虫歯の理由となって、80歳で15本以上の歯を残すことは不可能と考えられます。